うにぃとな話

なにを書くか未定

うにくらの物語案

吸血鬼は日本をゆく

数百年ぶりに目が覚めた吸血鬼は、日本のとある大型テーマパークのお化け屋敷にいた。人間が自分の家でキャーキャー騒いでいるのに腹をたてるが、自分が数百年また、国も遠くまで移動していることを知る。

 


Myワールド
つまらない人生を送ってきた主人公は、ある日、世界屋という店を訪れる。その店は、自分が神様になり自分好みの世界を一から作れるというもの。半信半疑の主人公を信じさせるために、店主のメアリーは彼に他の人が作った世界を見せにいく。しかし、変な奴等に襲われて

 


アフターワールド

地球から人類が姿を消してはや、数千年が経った。何を間違えられたのか、そんな誰もいない世界に私は突然飛ばされた。

 


異世界管理委員会

この世界は1つではない。神の気まぐれや、ちょっとした出来事で人が異世界転移や転生を起こしてしまう。しかし、別世界に行くことは、外来種でしかない。本来のその世界の環境をぶっ壊してしまう可能性すらある。そんな転生や転移を事前に防ぎ 、また世界の安定をはかる組織こそ異世界管理委員会である。


他人の痛みを知れ

他人の痛みが分かる人になりなさい。そんな言葉は良く聞く。とある天才少年は父にそう教えられて生きて生きた。そこで彼は文字通り他人の痛みが分かる機械を開発してしまう。それをめぐる一悶着。

 


周波数戦争

テレビというのは非常に理不尽な物だ。何せ使える周波数には限りがあるのに、特定のテレビ局がそれを独占している。大人気ユーチュバーである彼は、自分のテレビ局を手に入れ、地上波を支配するために戦う。

 

 

なお書きません。